対人恐怖症の人が多くが利用しているマスクとの関係

スポンサーリンク

 

最近では人と接することに恐怖感を抱いてしまう【対人恐怖症】の方が増えているようです。こうした方たちはマスクやサングラスをされる方も多いのですが、それは一体どういった心理からくるのでしょうか。

 

そこで今回は、対人恐怖症の方とマスクの関係について考えていきたいと思います。

 

対人恐怖症の治療にはマスクが適している?

1107

伊達マスク、いわゆる風邪などの対策や予防ではなく全く別の目的でマスクをする方が最近では増えています。なぜ伊達マスクをするのかと言うと、人と関わりたくないという若者も多くなっているというのです。

 

そういった事もあってか、対人恐怖症である方も増えていてその治し方として、マスクをするといったことが取り上げられていることもあります。要するに、伊達マスクをして顔の多くが隠れてしまうので、安心できるからというのが理由です。

 

人目を気にすることがなくなるというのです。使用するなら狭い面積のマスクではなく広めのものが良いとされています。

 

マスクなどをすると自己防衛はできる!

m007-174 (1)

マスクやサングラスといったアイテムを装着することは、人の視線を浴びないようにするため、そして自己防衛の手段として使われているということが多いです。マスクをすると顔の半分は隠れることになるので、そういった点で対人恐怖症の方は安心感を得られるのです。

 

口元を隠すことで、他の人に自分は話したくないのだということをアピールすることにもなりますし、もし顔のコンプレックスが原因で対人恐怖症になっているとしたら、そのコンプレックスの元を隠すこともできるために、なくてはならないものとなっているのです。

 

マスクやサングラスなどのアイテムはかえって目立ってしまう!

dscn4336

芸能人ならいざ知らず、一般人では日本において夏の季節などにサングラスをかけている方は少ないと言えます。人と目を合わせたくないという理由から、サングラスをかけて出かけられる対人恐怖症の方がいらっしゃいます。

 

ところが、サングラスをかける方は多くないことからかえって人目を引いてしまいます。対人恐怖症であるご本人にしてみれば、他の人の視線を防ぐことができていると思っているのですが、サングラスをしている方を見ると、つい視線が引き寄せられてしまうものです。

 

それに加えてマスクをすることや帽子を被るといったことをすると、より目立ってしまうでしょう。こうしたアイテムを使わないと出かけられないというのであれば、カウンセリングなどで相談することも大事です。

 

対人恐怖症対策はマスクは効果大

132894926188713117613_P1000087

対人恐怖症の方は、マスクをすると人目を気にすることがなくなるので改善に適しているという意見もあります。また、それは自己防衛にも繋がるのです。しかし、マスク及びサングラスなどといったアイテムを使用することで、かえって人目を引くのです。

 

よって、目立ちたくないという思いとは裏腹に目立ってしまうことも考えられます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください