マスクにだって裏表がある!その判別し辛い理由について

スポンサーリンク

 

マスクはただ着用すれば良いというものではありません。マスクには裏表がありそれを正しく装着することで効果が得られるのです。そこで今回は、マスクに裏表があり、それが判別し辛い形状になっている理由などについて迫ってみたいと思います。

 

マスクの外側はプリーツが下向きになる方

マスクの裏表が分かり辛い構造となっているのは、ある方の見解によるとマスクを持ってみると両側に僅かな違いがあるだろうということです。市販されている通常の不織布マスクであれば、『ノーズフィット』と呼ばれる、鼻の形に沿うようにできていてマスクと顔を密着させる機能が備わっています。

 

マスクの上部は、このノーズフィットが埋め込まれている部分のことを言います。ノーズフィットを上に向けたままでマスクの両面を見てみると、片側はプリーツ加工が上向きであり、もう片側は下を向いているでしょう。

 

この際に、プリーツが下向きになる方が、外側を向いている表ということになります。マスク装着時にプリーツが上向きになった状態であれば、プリーツの中にゴミやウイルスなどが溜まってしまい、繁殖をするきっかけとなってしまう可能性もあるということです。

 

マスクの裏表がわからず悩んでいる人もいる!

中には、マスクの裏表をネットで調べたとしても色々な意見があり、どれが正しいのかわからないという方もいます。購入したサージカルマスクのパッケージにも、どちらが表であるのかについて、はっきりとしたことが明記されていなかったのです。

 

他の方も、『表と裏』という表現について顔に接触する方が表なのか、それとも外側になる方を表としているのか判断しかねるとおっしゃっています。その方が言うには、耳にかけるゴムがマスクの生地にくっついている方が裏であるとしています。

 

マスクの裏表を知ったらその後の取り扱いも把握しておこう!

不織布マスクをお使いの場合は、基本的に使い捨てとなっています。しかし、もったいないということで何度も繰り返して使ってしまう方もいるのではないでしょうか。ところが、使ってしまったマスクはウイルスや花粉などが付着しているものです。

 

よって、食事をする際に外すとしたらその時点でマスクを取り替えることが望ましいでしょう。また、顎に下ろしていたのを元に戻すということも、マスクの内側にウイルス等が着いてしまう可能性があるので、注意することが大事です。

 

マスクの裏表をしっかり把握

マスクは、ノーズフィットが埋め込まれている部分が上部であり、プリーツが下向きになる方が、マスクの外側になります。ただ、中には表裏について迷っていらっしゃる方もいます。

裏表を確認したなら、繰り返し使わない(使い捨てであれば)などといったように、使い方にも注意をする必要があります。

 

 

スポンサーリンク