み、耳が痛い(T_T)!マスク着用で耳が痛くなる人、必見です!

スポンサーリンク

冬場の季節になってくるとインフルエンザが蔓延するために感染予防でのマスク着用だったり、これから先、花粉対策でマスクが必ず必要な人、あるいは何らかの理由で長時間のマスク着用愛用者の方で特に悩みどころの種ってのが、

 

耳にかけるゴム紐による耳への痛みや刺激に悩まされている方…。

 

マスクを使用するとこの耳への痛みの問題って結構あるんですよね…(-_-;)

本日はそんな悩みに頭を抱えている方へ、おすすめのマスクをご紹介致します。

 

ゴム紐タイプのマスクの悩みどころ

ゴム紐タイプの耳かけに代表される、使い捨てのプリーツマスク。まれに立体型のマスクでもゴム紐タイプがありますね。

この耳にかけるゴム紐が曲者で長時間の着用で耳が痛くなる人は結構いると思います。マスクの種類によっては痛くならないのもありますが、それだとただ単に緩すぎてマスクの意味がありません。

だからと言って、立体型マスクの有名どころのユニ・チャームの超立体マスクを使用するとあの耳かけ、何回か着脱するとすぐにヨレヨレになって使い物にならないってことありません?

 

それに立体マスク特有のあの鳥みたいなツンとしたデザインに抵抗がある人も少なくないと思います。

 

そんな悩みを考慮した最適なマスクってないの?

 

あります!

 

そんな悩みを解決してくれる画期的マスクがあるんです。

 

高性能ウレタンマスク

防塵力が高く花粉症からインフルエンザ予防に最適な上に通気性も良く、そしてなによりも耳が痛くならない高性能ウレタンマスク【エバーマスク】です。

 

花粉のこの時期はマスクが手放せない花粉症のあなた。耳が痛いからと言ってマスクをしないと、とんでもないことに成りかねませんよね。

そんな時こそ、この高性能ウレタン使用のエバーマスクはいかがでしょうか?

 

こちらのマスクは耳にかける箇所が掛け部分ゴム紐でもなく不織布でもない、ウレタン素材なので長時間のマスク着用でも全く耳が痛くならないんです。

また、見た目のデザインも立体マスクみたいにツンと鳥みたいにとんがってないし、顔にフィットしている感じなんで、顔に馴染み見た目も綺麗です。

 

しかも、顔にピッタリしている割には通気性も快適で息苦しくないんです。

 

エバーマスクって元々…?

こちらのエバーマスク、主に歯医者さんで使用されていたもので、他には給食センターや精密機器を取り扱う工場などで用いられていました。

その特徴として、ポリウレタンフォームと呼ばれる薄い高性能ウレタンで作られており、長時間の着用でも全く耳が痛くならない以外にも様々な特徴をもっているエバーマスク

 

  1. ウレタン素材だから眼鏡や保護ゴーグルが曇りにくい
  2. 高密度のポリウレタンフォームで防塵力が高いので花粉やホコリをシャットダウン
  3. 薄いウレタン素材なので通気性に優れていて蒸れない
  4. 繰り返し洗濯が出来る上に乾きやすい
  5. 使い捨てタイプではないのでコストもかからずエコ

 

マスク大好きの私香織には、物足りないかなぁ…

と様々なメリットのエバーマスクであり、当の私と言えば基本、不織布タイプのプリーツマスクが大好きで着用していますが、花粉の季節やホコリが多い場所などは、こちらのエバーマスクもたまに使用してます。

 

ただ、このエバーマスク、私にとっては「悪い意味」でマスクを着用している感があまりありません。

私的には、マスク依存症と言うだけあってマスク大好きです。ですから、しっかりとマスク着用感を常に感じていたいのでちょっと物足りないとこがあるんです。

 

昔、マスクの2枚重ねなんかもよくしていた私、それほどマスクによる密着感や圧迫感、そしてマスクを着用していると実感出来るほどの着用感が必要な私…。

(ちなみにさすがに2枚重ねは耳が痛くなります…(T_T))

 

なので、私みたいにマスク着用感を楽しみたい人にはおすすめ出来ません。

 

花粉症の方やマスク着用に慣れていない方には一押し!

とは言え、逆にマスク着用自体に不快感のある方やマスク着用がストレスになる方、花粉症などでその時期には必ず必要な人には防塵力の高さと耳が痛くならないこちらのエバーマスクはおすすめです。

 

個人差にもよりますが、人によってはエバーマスクを使用し出して、辛い花粉症の症状がなくなるぐらい緩和されたらしいです!!

 

また、マスク着用そのものに慣れてなく、マスク着用が不快に感じる人にも「良い意味」で着用感が無いフィット感抜群のこちらのエバーマスクをおすすめ致します。

ある意味、その着用感覚がない着用感の虜になってハマっている人もいるぐらいです。

 

エバーマスクならではのデメリット

そんな高性能ウレタン素材を使用したエバーマスクでも残念なデメリットが何点かあります。

まず、こちらのエバーマスク、実はインターネット通販でしか手に入りません!

しかも、こちらのエバーマスクって通常の使い捨てマスクと違って何回も洗って再利用が可能な大きな利点があるにも関わらず、その販売形態はなんと!

 

50枚入りのロット購入限定となるんです!!

 

時期やタイミングによっては1枚売りの販売もやっている時もあるにはあるんですが、一枚に対しての送料も別にかかり割高になりコスト的に高くなるんですよね(汗)

 

また、ウレタンマスク独特のその素材の作りによるんですが、通常の見慣れている不織布タイプのマスクと比べ、ウレタンマスクとなると

なんだか、変わったマスクをしているね?

 

と言われるぐらい目立ちます^^;

 

しかも、顔にピッタリとフィットするぐらいなんで見る人によっては顔に張り付いたように見えるので羞恥心にかられる事も…(汗)

 

エバーマスクはあり?なし?

エバーマスクの必要性は使用する人によって変わってきます。

ゴム紐タイプの耳かけで耳の痛みを我慢しながら、それでもマスクの着用が必要な人やあまり防塵力の高くない普通の不織布タイプのマスクで花粉の時期を涙流しながら、鼻をマスクの中でジュルジュルさせながら過ごさなければならない人には必要だと思います。

 

ちなみに立体型タイプのあのツンとした鳥みたいなデザインで良ければ、同じ高性能ウレタン素材で作られたピッタマスクもあります。

こちらはエバーマスクとは違い、立体型タイプでしかも数枚からの購入が可能なんで1度に大きな金額で大量に買わなくて済みます。

ピッタマスクはエバーマスクの改良版でもあるんで性能は申し分ありません。

 

えっ!なんでエバーマスクの改良版があるんならそっちを紹介しないのかって?

 

だって、ピッタマスクのあの立体型タイプって、みんな立体マスクのあのデザインには結構抵抗あると思います。

だからあえて、こちらのエバーマスクをご紹介致しました。

 

ちなみにピッタマスクについてもその内、ご紹介しようと思っていますので今しばらくお待ち下さいね♪

 

色んなマスクメーカーが販売しているウレタンマスク

 

  • 日昭産業さんからは平型タイプの【エバーマスク】【ニューエバーマスク】
  • 大塚刷毛製造さんからも平型タイプの【クリーンマスク】
  • アズワンさんも同じく平型タイプの【K-フィルターマスク】
  • 太平化学産業さんもあります【清風マスク】

 

今回ご紹介したエバーマスクと同じく、”耳に掛ける紐の部分も含めて、マスク全体がポリウレタンフォームの素材で出来ているマスクで尚且つ、『楽天』『モノタロウ』『ミドリ安全』と言った大手の名のしれたインターネットショッピングサイトで個人で購入が可能な商品はこちら
↓↓↓

 

消臭効果がある活性炭フィルター付きのエバーマスクを販売している日昭産業(株)さんの【ニューエバーマスク】

今回ご紹介したエバーマスクと殆ど代わりない大塚刷毛製造(株)さんの【クリーンマスク】

エバーマスクにさらにプラスαで活性炭フィルターが付いた超高性能のアズワン(株)さんの【K-フィルターマスク】

 

これらのウレタンマスクは”耳の痛み”を解決させてくれるだけではなく、色々な効果や性能を持ち合わせた高性能ポリウレタンフォームの素材で作られたウレタンマスクですのでこらからのインフルエンザの感染予防や花粉症対策の『最高のパートナー』となって、あなたをサポートしてくれること間違いなしです\(^o^)/

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください