花粉症は実は夜が辛い!?その際のマスクの活用法とは?

スポンサーリンク

 

花粉症の方は、目や鼻などに多大なる影響があるためとても辛いものです。日中もマスクをしなければいけない様な場合もあるでしょうし、とても苦労なさっていると思います。しかし、花粉症は夜の方が辛い症状が出ることをご存知でしょうか。

 

日中にマスクをしていても花粉症は夜にも症状がでる!

花粉症と言うと、日中にマスクをするなどして対策をする必要もあるくらい、罹っている人にしてみると苦労が絶えないものでしょう。しかし、花粉症は夜の方が以外に酷い症状が出ることがあるのです。

 

夜、就寝時に目が痒くなってしまったり鼻が詰まることで寝られなくなってしまうことも花粉症の特徴の1つです。その理由は、副交感神経が夜になると活発になるからです。

 

副交感神経はリラックスしている時に活発になります。そういったことから夜になると症状が悪化してしまうことになるのです。

 

マスクをして寝ると口が乾燥しないし冷え予防にもなる!

夜間に花粉対策をするためにもマスクをして寝ることが適しています。鼻が詰まっているなら口で呼吸をするようになってしまいます。すると喉が乾燥することで風邪を引いてしまいかねないのです。

 

マスクをしていれば口も乾燥しないということです。また、夜にマスクをするということは、身体を温める効果が期待できるので、冷えを防止することもできます。鼻と脳は関係していて、暖かな空気を吸うことで脳まで温められるのです。

 

これは起きている時間帯でも有効でしょう。

 

快眠のためにもマスクをして寝ることが適している!

マスクをして寝るということは、加湿効果のため鼻詰まりを軽減することができます。そういったことから、寝苦しさも消えて快眠できるようになるのではないでしょうか。初めのうちはマスクをして寝ることに慣れないかもしれませんが、花粉が飛散する2月から4月の間は特にマスクをして寝ることがおすすめです。

 

ちなみに、マスクは昼と夜を使い分けることがポイントです。昼はしっかりとフィットするものが望ましいですが、夜なら息苦しさを感じることも考えられるので、幾らか余裕のあるものが適しています。

 

昼も夜もしっかりとした花粉対策を!

花粉症は、夜のリラックスしている時間帯に副交感神経が活発に働くことによって症状が酷くなることがあります。そのためにも夜寝る際にはマスクを着けることが適しています。

寝苦しさから解放されて、快眠にも繋がるでしょう。

 

 

スポンサーリンク