どれがお勧め?花粉症対策に効くマスクとは?

スポンサーリンク

 

花粉症に悩まされている方にとっては、マスクは大事なアイテムになるでしょう。マスクをするならより効果を得られる製品を選びたいものです。では、花粉症の方にお勧めのアイテムとはいったいどんなものなのでしょうか。

 

『三次元 高密着マスク』はメイクが崩れにくい!

花粉症を予防することに優れているだけではなく、女性にとって嬉しい要素である化粧が崩れにくいというメリットがあるのは『三次元 高密着マスク』です。こちらのマスクでは、重要視されているのがマスクが顔と密着することである点がポイントです。

よって、着けた時にも隙間ができにくいですし、他製品と比較しても高い密着度を誇っているマスクなのです。実に99%近く花粉を防いでくれるという、優れものマスクと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

60枚の大容量で『プリーツガード』は2か月ほど使える

プリーツガード』は、使い捨てタイプとなっていますし清潔に使うことができるでしょう。60枚入りとなっているので2か月ほどは毎日使うことができるのです。99%カットフィルターという、JIS規格で決められている医療用不織布試験において、耐水性や細菌のろ過率が確認されたフィルターが用いられている点が特徴です。

鼻から顎までしっかりと覆うことができるプリーツ加工になっているため、鼻の段差についても保護しやすいのです。耳にかけるゴムは、丸くて太いゴムが使われているので長時間の使用にも適しています。

 

『ピッタマスク』はポリウレタン素材が特徴

花粉症対策なら『ピッタマスク』を使う手段もあります。ブロック機能が通常のフィルターよりもさらに協力であることに加え、通気性が良いという魅力があります。立体構造であることから、花粉が入ってきてしまうことをより一層防御することができます。

こちらのマスクも、99%という花粉ブロック率を誇ります。ポリウレタン素材となっている点もポイントであり、ふんわりと口元を包んでくれるため、話し辛いということや眼鏡が曇ってしまうということもないでしょう。

それに、長時間装着しても耳が痛くなることはありませんので安心です。99%というブロック率は洗濯をしたとしても維持できる点も見逃せません。

 

まとめ

『三次元 高密着マスク』は密着度が高い点が魅力であり、メイクの崩れもあまりないでしょう。また、『プリーツガード』は99%カットフィルターが用いられている点が特徴です。『ピッタマスク』はポリウレタン素材なので、話し辛いという事などがないところもポイントとなっています。

花粉でお悩みの方、ぜひマスク購入の際に参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク