紫外線はお肌に大敵!UVカットマスクの特徴や選ぶポイントとは?

スポンサーリンク

 

女性ならば特に紫外線はお肌にとって大敵だと思います。マスクの中にはUVカットの商品もありますが、果たして、UVカットマスクの特徴やマスクを選ぶ際のポイントとは一体どこにあるのでしょうか。

 

UVカットマスクは保護する面積が広いから横が長い!

UVカットマスクは、需要の高まりと共に様々なメーカーより販売されるようになっています。不織布でできた使い捨てタイプもありますし、繰り返し洗って使うことのできる自然素材でできたマスクもあります。

 

どの種類においても、横の長さが少々長めになっている点が特徴です。それは、保護できる面積をできるだけ広くするためなのです。通常のマスクとの違いはその点のみです。また、通気性が良い作りとなっているので、紫外線が強い時期も快適にマスクができるでしょう。

 

UVカットマスクの中には花粉症対策のためにフィルターを入れることのできるタイプもありますので、ご利用になるのも一案です。

 

UVカットマスクはどうやって選ぶのか?

m012-190-760x460

UVカットマスクで一番重要なのは、やはりどの程度の紫外線を防いでくれるかと言う点ではないでしょうか。いわゆる紫外線遮蔽率(しゃへいりつ)というものです。商品のパッケージには、紫外線遮蔽率97%や99%などと書かれています。

 

それを確認することで、より効果的に紫外線をブロックしてくれるマスクを選ぶことができるでしょう。目安としては、90%以上の遮蔽率があると問題はないと言えます。コストパフォーマンスの面から言うと、その人の使い方次第で変わってくるでしょう。

 

UVカットマスクには使い捨てタイプと繰り返し使えるタイプがあります。使い捨ては価格が安い面があり、短期間のみ使用するのであれば、適しています。反対に、繰り返し使えるタイプは、1年間など長く使う方に適しているのではないでしょうか。

 

UVカットマスクはツーヨンやフィッティから出ている!

cl_9dbbusaacdwy

UVカットマスクの商品としては、ツーヨンというメーカーから出ているものがあります。こちらは繰り返し使えるタイプとなっていて、マスクをずっと長く使っていきたいと考えている方には特にうってつけです。

 

紫外線の遮蔽率は98%もあるので、日差しが強い日でも安心して外出ができるでしょう。立体構造となっているために顔にぴったりとフィットしますし、接触冷感繊維が織り込まれているため、暑い季節もマスクをしていても快適に過ごせ津ということです。

 

 

使い捨てなら、フィッティというメーカーのマスクがあります。1枚100円ほどとリーズナブルなので、少しだけ使いたい方にもお使いいただけます。

 

 

マスク着用で紫外線カット!!

96958a9f889debe5e7ebe1e4e5e2e0e1e2e0e0e2e3e4e2e2e2e2e2e2-dsxzzo9759384023022016000000-pb1-4

UVカットマスクの特徴で通常のマスクとの異なる点は、紫外線から肌を保護する面積が大きくするために、横長になっていることです。UVカットマスクを選ぶ際には、紫外線をどれだけ防ぐことができるかという、紫外線遮蔽率を比べてみることや、使い方次第でコスパを考えることも大事と言えます。

 

90%以上の紫外線遮蔽率があれば問題がないでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください