就活生必見!面接の際にはマスクをしていけばダメな理由について

スポンサーリンク

 

就職のための面接を控えている時に風邪をひいてしまうことや、花粉症の症状が出てしまうこともあるかもしれません。そういったときには、マスクをしたいものですが面接の際に着用していくのはNGであり避けなければいけないのです。

 

では、それは一体どういった理由からなのでしょうか。

 

マスクをしていれば声が籠って聞こえなくなるからNG

まず挙げられるのは、もし風邪をひいていたりするのだとしても、マスクをしていれば自分の声が面接官に聞こえない可能性があるからです。人は、もし聞こえなかったとしても口の動きを読むことで理解することもある程度できますが、マスクをしていれば口元が見えませんのでそれもできないでしょう。

 

そういったことから、もしアピールできる材料を持って行ったとしても、それがうまく伝わらない可能性もあるということです。例え鼻声になっていたとしてもマスクをせずにしっかりと伝えることが大事なのです。

 

表情が見えなくなることも信用の度合いの面でNG

また、マスクをしていては顔が半分隠れてしまうことで表情がわからなくなってしまいます。人は表情を読むことでも判断することがあります。しかし、マスクをしているとそれができません。

 

もし表情がわからなければ、その人が一体どういった人なのかといった点もわからなくなってしまうということです。信用度も低くなってしまうでしょう。深層心理としても、話す時に顔が隠れていることは有利な印象にはならないのです。

 

そういったことから、症状が辛くてもマスクはせずに面接を受けることが重要です。

 

症状でどうしても無理ならスケジュール調整すべし!

マスクがなければいけないほどに症状が酷い場合に面接があり、どうしても受けたい企業などであったなら、その企業の人事にスケジュールを調整してもらえるように掛け合うことも手段です。

 

そうする方がマスクを着用して面接を受けるよりも適しているでしょう。面接日時を調整してもらうことは、何もルールを犯しているわけではありません。こうした日程調整などは日常的にも行われているものなのです。

 

なので、根本的に面接ならマスクをつけない状態で受けるようにすることが大事です。

 

マスクしての面接は避けるべし!!

マスクをして面接をすることは、声が籠ってしまい面接官に聞こえなくなることや、顔が半分ほど隠れることになるため表情が見えなくなることがネックとなります。なるべくならマスクをせずに面接を受けるなら日時を調節してもらうことも一案です。

 

 

スポンサーリンク