痛いのは嫌!マスクで耳が痛くなるのを防ぐ方法をご紹介

スポンサーリンク

 

長い時間マスクをしていると、耳にかけるゴム紐で耳が痛くなってしまうことがあります。それはマスクをする上で苦痛となってしまうのではないでしょうか。しかし、色々と工夫をすることで、痛みを解消させることができるのです。

 

では、その方法とはどういったものなのでしょうか。

 

お徳用のマスクはそれぞれの紐の長さが違う可能性もある

1098adec

まずは、耳が痛くなってしまう原因について探ってみましょう。耳にかける紐がゴムでできているタイプもあります。この場合には強い伸縮によって耳に食い込むことがあるため、痛くなってしまうこともあるのです。

 

丸型で細目のゴム紐であれば、より痛くなりやすいと言えます。また、サイズが小さめのものを使うと、それだけ紐も短く作られているものです。顔にはフィットするかもしれませんが、耳に食い込んでしまうことがあります。

 

お徳用で大容量のマスクも販売されていますが、同じ製品でも紐の長さに違いがあるといったこともあります。

 

耳が痛くならないための方法とはどんなもの?

kamimado_001185_1

マスクの紐で耳が痛くならない方法としては、紐を髪の毛にアメリカピンを用いて固定をするというものがあります。試した方も良い方法だったと感想をおっしゃっています。また、コットンもしくはガーゼを紐に巻き付けることも一案です。

 

また、低めの位置でツインテールに髪を結び、そのゴム部分にマスクの紐をかけるという学生の方もいらっしゃいます。その方のクラスではごく普通に行われている方法なのだとか。

 

さらに、マスクをしても耳が痛くならないという、マスクバレッタというものもAmazonで販売されていますので、ご利用になるのも一案です。他には、耳に当たる部分に絆創膏を貼るという方法もあります。

 

 

市販マスクにも耳紐の痛さ対策済みのものがある!

%e8%80%b3%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af_02

市販されているマスクにも、耳が痛くなることの対策がされているものもあります。白元が販売している、『サニーク 快適さわやかマスク』は量販店においては見つけることが難しいかもしれませんが、リーズナブルだと言えます。

 

 

紐部分が柔らかくできていて、伸縮性がある点が特徴です。また、ユニ・チャームの『超立体マスク』も耳が痛くならないと評判のマスクです。紐部分が不織布でできているので、痛くならないのです。

 

 

量販店などでも販売されていますし、100枚入りや150枚入りなどと大容量となっている点もお得です。

 

 

 

 

 

耳が痛いのは改善できる!

20130412img_9797640

マスクは、自身に合うものよりも小さいと耳に紐が食い込んでしまうために、耳が痛くなってしまうことがあります。また、大容量が入っているお徳用のマスクもありますが、1箱の中で紐の長さが違うことも気を付けるべきポイントです。

 

さらに、耳が痛くならないためには紐を髪にピンで固定するといった手段も一案です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください