寝るときにマスクをすることも一案!その効果などについて

スポンサーリンク

 

マスクは、風邪などの予防としても日中に着けるという方も多いかもしれません。しかし、マスクは色々な要素から考えても夜寝る際に着けることも手段の1つなのです。では、どういった効果などがあるのでしょうか。

 

寝ている間にマスクをすると喉の痛みも軽減!

寝ている間というのは鼻や喉が乾燥しがちです。乾燥してしまっていると、空気中に漂っているウイルスが活発に動いてしまうため、鼻や喉に付いてしまいやすくなるのです。それに加えて鼻が詰まりやすくもなるでしょう。

 

そんな時には、マスクで予防をすることが可能です。鼻や喉に潤いを与えることができるため風邪を防ぐことにも繋がります。喉が痛い時には、起きている間にマスクをする方も多いかもしれません。

 

そうすると喉の痛みも和らぐことがあります。喉が痛いなら寝る時にもマスクをしてはいかがでしょうか。非常に痛い場合には濡れマスクを使うことがうってつけです。マスクをすることだけでも保湿効果は得られますが、濡れマスクならマスクそのものが濡れているので、より効果がアップするということです。

 

鼻の中に冷たい空気が侵入しない点がポイント!

寒い冬場にお出かけをされる場合には、防寒アイテムを使われるかと思います。そこで、マフラーなどに加えてマスクをすると、身体自体が温かく感じられることもあるものです。なぜ温かくなるのかと言うと鼻の中に冷たい空気が入らないことが理由なのです。

 

顔面に空気が当たらないからということではないということです。脳の温度を調節する場所が鼻の奥にあり、冷気が触れると脳が寒いと感じることがあるということです。なので、寝ている時もマスクをすると寒さを鼻に取り込まなくて済むのです。

 

立体型だと息苦しさが緩和されるから便利!

寝る際にマスクをするとなると、どうしても日中に使う場合と異なり息苦しくなってしまうことがあるでしょう。多くの方が立体型のマスクだとプリーツ型のマスクよりも鼻や口との空間が適度に保たれると感じています。

 

なので、立体タイプの様な程よく空間が得られるマスクを使うことがうってつけなのです。また、肌へのダメージをなくすために天然素材で作られていて、肌へのダメージも少ないガーゼ製のマスクを使うことも一案です。ガーゼマスクはきちんと洗って使うことが大切です。

 

夜用専用のマスクを使うことも一案!

最近では、夜用のマスクを作られていることをご存知でしょうか。これは寝る際にマスクをする方が増加傾向にあることがあるからかもしれません。もちろん形状としても息苦しさを解消していますし、不織布製であったとしても肌への優しさを考えた素材を使用している点がポイントです。

 

例えば『大判 潤いシルクのおやすみマスク(ポーチ付き)』があります。保湿できるシルク素材である点が特徴ですし、顎まできちんと覆ってくれる大き目サイズとなっています。通気性の良さも見逃せません。

 

 

夜寝ている時こそ、マスクでケア

寝ている間にマスクをすると、喉の痛みが緩和できる利点があります。また、鼻の中に冷気が入り込まない点も魅力ですし、就寝時なら特に立体型のマスクをすることで、息苦しさから解放されるのではないでしょうか。

さらに、夜用として売られているマスクを用いることも一案です。

 

 

スポンサーリンク