大変!不織布マスクでかぶれてしまう方の対策法について

スポンサーリンク

 

普段から不織布マスクを着けていて、肌がかぶれてしまうという方もいらっしゃいます。かぶれてしまうと見た目にも良くありませんし、嫌なものだと思います。では、どの様な対処方法があるのでしょうか。

 

マスクが必要な方は肌に優しいマスクを選ぼう!

28177_001

最近では、不織布でできた使い捨てのマスクが多く使われています。しかし、肌が弱い方などは擦れによってかぶれを引き起こしてしまいます。しかし、マスクをする必要に迫られることもあるでしょう。

 

特に冬場にはインフルエンザに感染したくありませんので、予防としてマスクをする方が多くなるものです。それに、春を迎えれば花粉症に悩まされる方も多数いらっしゃるのです。よって、中には冬から春にかけてマスクが手放せないと言う方もいるということです。

 

しかし、不織布マスクはかぶれを引き起こすことがあります。そういったときには、敏感肌の方にもうってつけの肌に優しいマスクを使用されることが適しています。

 

刺激が緩和されるから敏感肌用マスクは肌に優しい!

bbf758760ef0baeca13ec8cb43c140aa_m

敏感肌の方でも使うことのできる、使い捨てマスクも販売されています。内側部分の顔に当たる箇所や、ゴムになっている耳にかける部分が肌への刺激が和らげられる素材になっているのです。

 

見た感じは不織布マスクと同じなのですが、装着すると驚くほどに快適に着けることができるのがポイントです。ガーゼマスクの中で、オーガニックコットンのものを使用していた時期もあるという方は、敏感肌にマッチした使い捨てマスクを知ってからは、そちらばかり愛用していると言います。

 

肌に優しいマスクにはどんなものがあるのか知っておこう!

80ce17802fffbbabc891524cf12fb9ff_m

刺激が少ないマスクでは、『メジャーリーガーマスク M-101』というものがあります。こちらはポリセルロースという材質が顔に直接触れます。種類はいくつかあるのですが、M-101が敏感肌に適していますので、お間違えの無いように購入しましょう。

 

『ウルトラセンシティブマスク』は、顔に付く部分が白色セルロースという素材になっています。耳にかける部分の材質はラテックスフリーの平ゴム形状になっています。大人の女性用の松並木の無添加ガーゼマスクは日本製です。

 

基本、肌に優しいマスクの特徴は、コットンガーゼであり、無添加無着色である点が魅力のマスクです。

自分の肌に合ったマスク選び

m014-058

不織布でできたマスクは、敏感肌の方であればかぶれてしまう可能性があります。そんな時には敏感肌の方にも合ったマスクを使用することが適しています。素材を確かめてマスクを選ぶことも、肌が敏感な方には大事だということです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください