耳が痛くなる方に朗報!紐をかけている感じがしないマスク登場

スポンサーリンク

 

花粉症の人が一番に注目をおくのがマスクではないでしょうか。量販店やドラッグストアなどを見てみると、様々なマスクが販売されています。そんなマスクも進化を遂げているのです。それは、耳が痛くならないマスクが開発されたというものです。

 

玉川衛材で耳が痛くならないマスクが開発された!

0c59e26e

国内でも、トップクラスのマスクの売り上げシェアのある『玉川衛材』では、耳が痛くなりにくいマスクを開発しました。玉川衛材への利用者からの声として、耳が痛くならないマスクが欲しいという要望が出たことが始まりだということです。

 

そういった声が大きかったことから、耳にかける紐部分を見直したのです。マスクは、一般的にはずっと着けていると耳の後ろが圧迫されることで、痛くなってきてしまうものです。

 

特に、この頃販売されているマスクは密度が高いものが多いせいか、余計に痛くなりやすいのです。

 

半日使っても痛くならない検証済み!

%e8%80%b3%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af_02

玉川衛材で作られているマスクは、幅が広いうえに柔らかい素材のゴムが使われていることが多いです。玉川衛材の製品である『フィッティ シルキータッチモア』を装着してみると、細いゴムよりも優しい肌の触り心地となっていて、着けているなと言う感じがしない点が特徴です。

 

立体構造となっているため、口元に空間があることで、息苦しさを感じないところも見逃せません。検証として半日ずつに分けて細いゴムと幅が広いゴムのマスクを装着してみると、細い方は数時間もすると痛くなってきてしまうのです。

 

しかし、幅が広いゴムのマスクは半日着けていたとしても痛くなりませんでした。ゴムの緩みもあまりなく、劣化も感じないという結果でした。

 

長時間着けるニーズが高まっていることから着け心地も重視!

kyuutyaku_superfit

玉川衛材側からすると、花粉症や風邪の時にだけマスクをするのではなく、伊達マスクをする方も増えていることから、長い時間着けている方も多くなっています。よって、機能性だけではなく着けた時の心地よさも開発する上では大事になってくるとしています。

 

『フィッティ 吸着分解マスクスーパーフィット』については、空気中にある有害物質を捕らえることができ、『光触媒チタンアパタイト』という太陽光で二酸化炭素と水に分解することが可能である点が特徴です。

 

耳が痛くならない画期的なマスク

maxresdefault

マスクの国内トップシャアを誇る玉川衛材では、耳が痛くないマスクを開発しました。これは、消費者の要望から開発されたものであり、紐部分が幅が広いゴムであり柔らかい素材のゴムが使われています。

 

長い時間マスクを使うニーズの高まりから、機能性に加え着け心地に関しても重視することで、耳が痛くなりマスクの開発に至ったとも考えられます。

 

 

スポンサーリンク